© QLCLE Inc. All rights reserved.

株式会社QLCLE ガブシキガイシャ クルクル

〒101-0021 東京都千代田区外神田3-7-2 

TEL 03-5244-4082

弊社サービスに関するお問い合わせ、資料請求、導入の際のご相談は、以下の問い合わせフォームからご連絡下さい。

If you would like to inquire about our services, request documents, or discuss the implementation of our services, please contact us using the inquiry form below.

arrow&v

SPIXD

​​スピックス

一眼レフで撮った写真を、その場で手渡し出来る​。

撮影した写真をSPIXD に取り込み、QRコードでその場で手渡し!

SPIXD(スピックス:SPEED×PIX 特許出願 2017-126653)は、撮影からデータの受け渡しまでを一瞬で行える全く新しいWebサービスです。

プロカメラマンの撮影はやっぱり素晴らしい!でも、写真を受け取るのは意外に面倒なんです。

 A professional photographer is absolutely amazing! However, it's surprisingly tedious to receive photos. 

一眼レフで撮影した写真を受け取る一般的な方法


 

  1. 電子メール
    参加者すべてのメールアドレスを知らなければ送ることが出来ない。写真と宛先をまちがう可能性もあります。
     

  2. ソーシャルメディア(SNS)
    facebookやLINEを使って、友人に写真を送るのはとても簡単で便利です。しかし、友人以外に送るためには個人情報(アカウント)を教えてもらわなければならない。
     

  3. ファイル転送サービス(Dropbox・ギガファイル便・google Drive)
    サーバーに画像をアップロードして、共有アドレスを参加者に知らせる方式ですが、アドレスの受け取りはどうするのか?
    メールを使うためには個人情報が必要。
    アップロードしたアドレスを参加者全員が共有すると、見知らぬ参加者同士の写真が見られてしまう。撮影ごとに個別URLを作るのは大変な手間と時間がかかる。
     

  4. AirDrop
    Appleのファイル転送方式。便利ですが、Apple製品同士の間でしか画像が転送出来ません。
     

  5. USBメモリ、DVDなどの記録メディア
    毎回コピーする時間とメディアのコストがかかります。
     

  6. 写真プリント
    プリント作業の時間がかかり、プリントのコストかかる。気軽に、写真をシェアすることが出来ない。


従来の方法の課題まとめ

 

  1. 個人情報取得による心理的負担を参加者に負わせる

  2. ​共有アドレスでは、他人の写真が見れてしまう(プライバシー問題)

  3. 手作業の工程により、写真を渡す相手を間違える

  4. 使用できる機種が限られる​

  5. 記録メディアのコストがかかる

  6. 受け取るまで時間がかかる

  7. ​写真の共有が簡単に出来ない
     

でも、SPIXD(スピックス) を使えば、面倒な作業も必要なく30秒で完了します。

 But if you use SPIXD, it is completed in 30 seconds without any troublesome work. 

SPIXDの流れは高速でシンプル。

The flow of SPIXD is fast and simple.

撮影が終わって写真をアップロードすると、自動的に撮影ごとにQRコードがプリントされます。

When you finish taking a picture and upload it, a QR code will be printed automatically for each picture you take.

QRコードをスマーフォンに内蔵されているリーダーを使って読み取り、写真を受け取ります。

The QR code is read using the reader built into the Smurphone and the photo is received.
 

アプリも不要で、SNSへの投稿も簡単にできます。手作業の部分がほとんど無く、短時間で大量の撮影が出来ます。

There is no need for an app, and posting to SNS is easy. It is possible to take a large amount of pictures in a short time with almost no manual work.

1日6時間程度の稼働で400組(1000人程度)以上の撮影が可能です。フォトブースを複数併設すれば、より多くの撮影が実施できます。

More than 400 pairs (about 1000 people) can be photographed in about 6 hours of operation per day. If you set up multiple photo booths, you can take more photos than ever before.

撮影

QRコードのプリント

スマホで読み取り

SPIXD(スピックス) のメリット

課題を解決して、プロが撮影するフォトブースで特別な体験を素早く提供出来ます。

プロのフォトグラファーが撮影するフォトイベントは、ライティングやプロの高い技術で、特別な体験を含めて、参加者の満足度は高くなります。しかし、参加者に写真を個別に渡すには時間がかかり、多くの参加者に対応する事が難しく。SNSへの投稿も単一のアカウントからしかできません。

しかし、SPIXDを使うことで、クオリティーと撮影のスピードを両立することが出来ます。

A photo event shot by a professional photographer, including a special experience with lighting and high professionalism, will leave attendees highly satisfied. However, it takes time to give individual photos to participants and it is difficult to deal with many participants, and posting on SNS is only possible from a single account. However, by using SPIXD, it is possible to achieve both quality and speed of shooting.
 

参加者のスマホで自由に撮影してもらう方法
 

  • たくさんの個人アカウントからの投稿が期待できる

  • 自身で撮影するので、体験の実感が弱い

  • ​撮影時間に個人差があるため、フォトブースの運用が難しい

  • ​撮影体験数の把握が出来ない

  • 写真のクオリティーは個人によって差がある

  • イメージ統一が難しくイベントの意図が伝わりにくい

CASE 1

プロカメラマンが撮影
 

  • SNSへの投稿が簡単に出来ない。

  • プロが撮影するからクオリティーが高く、満足度の高い体験。

  • ​撮影体験数の把握が出来る。

  • 写真の受け渡しに時間がかかる。

  • 受け渡しに​個人情報の取得が必要で心理的負担をかける

  • ​共有アドレスに転送すると、他人の写真が見れてしまう(プライバシー)

  • メディア代のコストがかかる。

  • プロのクオリティーでイベントのイメージ統一が出来る

CASE 2

SPIXDを使ってプロカメラマンが撮影
 

  • 個人のアカウントからSNSへの投稿が簡単に出来る

  • プロが撮影するからクオリティーが高く、満足度の高い体験

  • ​撮影体験数の把握、時間あたりの撮影スピードなどイベント運用を管理出来る。(管理画面)

  • 30秒で受け取れるので、多くの参加者にも対応出来る

  • ​メール、SNSなどの個人情報が必要無いので、参加者に心理負担をかけない。

  • ​QRコードは個別にユニークなので、参加同士が写真が見られることが無い。(プライバシー保護)

  • プロのクオリティーでイベントのイメージ統一が出来る

CASE 3

フォトグラファーに写真を撮ってもらうのは嬉しい!

でも

1秒でも早く写真をSNSに載せたい....

​そんな声にSPIXD|スピックス|はお応えします​

SPIXDの仕組み

​撮影スタッフのフロー

  1. PCに繋げた一眼レフカメラで撮影
    (ほとんどメーカーに対応、カメラマンの手持ちカメラで大丈夫です)

     

  2. 専用ソフトSPIXDから画像を選んで送信!
    これらはすべて自動で行われます​
    ・リサイズ・リネーム・トリミング・透過ロゴなどの合成
    ・配信ページ生成とフォトアルバム、IDを発行レシートでQRコードを出力
     

  3. 撮影毎に個別のQRコードレシートが発行され、お客様へ手渡し
     

  4. お客様は、QRコードを読んで、アルバムにアクセスするだけ!
    (アプリも、メールアドレスも何もいりません。スマホのカメラをQRコードにかざすだけです)

    アルバムを開けば、保存やシェアが簡単です!

使用機材はシンプルです。

必要なもの:カメラ・タブレットPC・レシートプリンター・スマートフォン

​(機材のリース、販売がありますので、すべてこちらで用意出来ます)

SPIXDの配信ページは気軽にカスタマイズが可能で、イベントのイメージに合わせることが出来ます。

QRコードレシートもイベントイメージに合わせてカスタマイズが出来ます。

ロゴやタイトルなどの合成が出来ます。自動で合成するので大量の写真への合成もすべて自動です。